September 08, 2006

しまった

最近mixiばかりでぜんぜん更新してなかった。

反省。


とはいえとある理由と引越しする関係で
あと数回でここは閉鎖しようと思っております。


もう少しですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

最後までよろしくです(^-^*)

| | Comments (192) | TrackBack (0)

May 02, 2006

さいたま~

5月20日さいたまスーパーアリーナでJanneDaArcのライブがあります☆

いや~チケット譲ってくださる方も決まり、うはうはで待っております♪
ただ前日に飲みがありそうなのでつぶれないようにしないと・・・

「さいたまスーパーアリーナで二日酔いの男、ヘドバン中ゲロ噴射」

とか新聞には載りたくないです。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 13, 2006

ひろとえるはの事情(後編)

ひろの視点 えるはの視点
本日の予定の最終が新宿なのでまず渋谷に向かう。

電車に乗ってワイワイ話していると「原宿~原宿~」ってアナウンスが!!

いつ渋谷通り過ぎたの!?

話に夢中になりすぎてましたw

とりあえず予定変更で
竹下通り→表参道→キャットストリート→渋谷→新宿に。


しかも改札で乗り越しなのを忘れててそのままつっこんでしまった。

でもしまるのが遅くて素通り・・・


しかもえるはさんに言われるまで気がつかなかった、俺。





って、えるはも素通りしてたんかい!→
秋葉原から渋谷へ向うため電車に乗る。
最終目的地が新宿だったので渋谷→原宿→新宿と行くつもりだったそうです(ひろさん談)

なのに…なのに…!

乗り過ごしました!!

夢中で話していたのがまずかったよね。

仕方なく原宿で降りました。

乗り越しなのに…なのに…!

ひろさんすっかり忘れて改札素通り。

えるは「∑(゜ロ゜ノノえーー!!」

ずーと「ピンポ~ンピンポ~ン」って鳴ってたのにひろさん大物だよね。

えるはも、まぁいいかと素通りw
注:両方とも神経図太いです。
竹下通りをふらふら歩き、萌えTシャツとかを見かけて笑い合う二人。

ラフォーレ原宿に入って物色するえるはさんの後ろにほとんど女性ばかりで縮こまってついて行くひろの姿があったりw

しっかし女物はほんとに数と種類が豊富でいいな・・・東京はメンズの服いっぱいだからいいけど、岡山はほとんどないからなぁ。

アナスイのお店でえるはさんが妹さんへのお土産を選んでる間、自分も桃子に何か買おうかと店内を見てまわっていると、ちょうどセール中のものでなかなかいい感じ(俺好み)な服を発見。


しかしながらサイズがちゃんと合うかどうか試着しないと怖かったので結局買わず。
桃子よ、すまぬ。


原宿って人多いですね。

知っていたけど体験するのは初めて。

お店もいっぱいあったのにほとんど入らず唯一アナスイショップに喜ぶえるは。

妹へのお土産がほしかったのです。

薄紫に赤い蝶が描かれたポーチを買いました。

妹はものすごく喜んでくれましたよ~。

ひろさんは桃子ちゃんに黒いフリフリブラウスを買うか真剣に悩んでいました。

結局買わなかったね。
途中なんとなくえるはさんが疲れているような気がして尋ねてみると 「ちょっと…疲れた(汗)」って。
もっと早く気付けよ俺。
しまった、レディに原宿から渋谷への道のりは長すぎたか。
渋谷のマルイの向かいにあるハーゲンダッツのお店でしばし休憩。
ある意味リベンジしようかと思ったティラミスですが、キャラメルパフェ?に惹かれてさよならw
「うまいうまい~」と、食べていると途中でえるはさんダウンw
そういえばそんなに得意じゃなかったんだったよね、確かジャンボパフェの件で知った・・・。
食べ残したチョコのパフェを差し出すえるはさん。
(う・・俺もそれなりにお腹いっぱいなんだよな~。)
でもまだ食えそうだったので頑張ってスプーンを伸ばす☆
(おお!もうちょっとだ!)
最後の底にたまったソースをぱくり☆とすると三途の川が見るような甘さ
頭に響くその甘さを、不思議そうに見ているえるはさんにもおすそ分け☆
ひろ「甘くないよ~」
怪しみながらもソースをぱくり☆とするえるはさん。

ひっかかったな、ひよっこめが!(悪魔)
苦しむえるはさん。 いじめっ子ひろ。
今考えると、よくこの後命があったよな俺(汗)
その後、えるはさんがブーツが見たいってことでちょこっとマルイを覗いてから新宿へ。
てくてく歩いて、疲れたため(口数が少なくなってばれたw)ハーゲンダッツのお店に入りました。
ひろさんのX’masレポに出てきたあのお店ですよ。
ときどきしていたチョコの香りにガマンできなくなりチョコのアイスを注文。(あとでチョコの香り
の原因はひろさんの香水と分かる)

ひろさんはキャラメル。
食べ進めるうちにえるはは甘いものがそんなに得意でないことを思い出す(早よ気づけ)

えるは(ぐえ…だんだんおなかいっぱいになってきた)
えるは「ひろさん、こっちのチョコも食べて(ニッコリ)」


と強制的に食べさせる。

キャラメルパフェの底にたどり着くひろさん。
いきなり暴れだす。


えるは(うわ、嫌な予感。絶対甘いんだ)
などと思っていると
ひろムー「えるはさん、甘くないから食べてみ?」
と絶対甘いであろう底にたまったキャラメルを差し出すひろさん。
…予想を斜め上行く甘さ。甘すぎてもはや苦い!!

そんな楽しいハーゲンダッツをあとにして少しデパートを見たのち新宿に向う。
ついに最終地点の新宿へ
新宿についた二人。

まさかこんな最後に問題発生が連発するなんて。

目的地は新宿スペース109。

あまり場所を把握出来ていない二人は駅でなんかのキャンペーンのお兄さんを捕まえて道を尋ねる。
お兄さん「すみません・・・わからないです。」

っち!使えないヤツめ。(←鬼)

時間がないので安全策のタクシーに乗り込む二人。

ふー、やれやれ。と思っていると。
運転手「スペース109?うーん。わからないなぁ・・・。」

う、運転手さん!?

あなたタクシーの運転手ですよね!?
運転手「いやー最近タクシー始めたばかりでね~」

キャー!使えないヤツー!!

こんちくしょう!こうなったら最後の手段、スペース109に電話だ!


電話「おかけになった電話番号は現在使われておりません。」



スペース!!!

応答せよ!スペーース!


ありえない。こんな展開ありえない。

運転手「あ、近くに郵便局があるからそこで聞いてみてごらん。」

とタクシーを捨て郵便局へ。

郵便局のお兄さん「あ。隣ですよ。」



_| ̄|○


と、たった20分くらいの間にありえないことの連発。
もう疲れたよ。もう帰って寝るよ・・・。


と、会場まで行くと当日券が残っており、一緒にお芝居を見ることに。
残念ながらえるはさんは前売りのため、席は離れてしまうとのこと。
新宿スペース107ってどこ?(〃゜д゜;A アセアセ…

道を尋ねたタクシーの運ちゃんは運の悪いことに新人さん。

聞いてもよくわからねえ!

電話もつながらねぇ!


運ちゃん「郵便局で聞いてください」

と郵便局の近くで放り出され降ろされる。

郵便局で「スペース107ってどこですか!?」

とすごい勢いで聞いてしまいました。

職員さん「あっちで人がたくさん並んでましたよ」

えるは「そこです!!」

叫びつつ走る。

お礼を言ったかも覚えてません。

慌ててたんだなぁ。。。


ここでひろさんとお別れの予定だったのに観劇にまで付き合ってくれました。

ホントいい人だよ、ひろさんは。
会場に到着・・・そして
当日券を買った人の中でも一番最後だった俺は数名と会場の入り口で待たされる。
どうやら席が足りないらしく、即席のイス(というか木箱w)を追加して座るらしい。
前で人の良さそうなお兄さんが指示を出してくれる。
お兄さん「木箱に座るのと階段と、どちらがいいですか?」

ひろ「木箱はどの辺になるのですか?」
お兄さん「中央の席の間に縦に並べていきますからあの辺です。」

ひろ「あ、じゃあ木箱でお願いします☆」
なんと順番からすると俺は一番前の真正面!
ええ!当日券買ったばかりの、まだ劇団のこともよく知らない人がこんな席でいいの!?
とドキマギしながら座ろうとすると、


えるはさん「ひろムーさーん!!こっち~~!」

とえるはさんの呼ぶ声が・・・って
こんなところで「ムー」を付けるなーーー!!!!

一瞬会場の視線が自分に向かったような気がして、顔から火が出そうになりながら焦ってえるはさんの元に。 どうやら席を確保してくれたよう。



愛いヤツよの~w

さきほど席の案内をしてくれてたお兄さんが舞台中央で挨拶を始める。
なかなかセンスの光るトークで会場を笑わせる。

ひろ「あはは~俺あのお兄さん好きやわ~」

と言っていると、挨拶がそのまま劇の一部に。

ひろ(おお!こういう入り方をするか・・・やるな!)

と思っていると、劇の上のお姉さんがさっきのお兄さんに向かって、
お姉さん「座長!何してるんですか!?」




座長!!??


座長「木箱と階段と・・・」


ほんと何してるんですか座長!!w

俺知らずに席を訪ねたりしちゃったよ!(座長さんは結構有名みたい。後から知ったw)



実際こんな劇を見るのは初めてだったのですが劇メチャおもろい
マジで爆笑しましたw

テーマやストーリーがちゃんとしてて、考えさせられる部分あり、笑いあり、と舞台から目がはなせないほど面白かった。
こまかーいとこをすごく旨くやってるのに気がつき感動したり。
劇団は小さいながらもなんか親しみやすさもあり、好きになりそうだw
見終わった後も結構興奮しっぱなしの俺。自分でも笑えたw

敷居の高さが高くなく親しみやすいってのはなんだかジャンヌに通ずるものがあるなぁ~って思ったり。
ほんとに色んなことがありすぎた一日。俺が思いっきり楽しんでしまったw
えるはさんも楽しんでくれただろうか?またお芝居見に行こうね~!
お芝居は期待以上に面白くて次回も見に行きたいと思いました。

座長が自ら案内してくれたよね!

そのことを知ったひろさんも驚いてたけど、私は心臓が口から飛び出しそうなほどビックリしたんだ よ。

その人を見るためにわざわざ東京まで行ったんだもの。

ホントおどろきました。

劇場内に響き渡るでっかい声で「ひろムーさ~ん」って呼んでゴメンネ?

座長に「友達と見たいので呼んでもいいですか?」って質問していたの。

こころよくOKをもらっていたので、遠慮なく呼びました。

「声が出せないなら俺が呼びますよ」

とまで言ってくれてたので呼んでもらえばよかったです。

「ひろムーさん、こっちです!」

などと叫ぶ伊藤健太郎…。おいしい、おいしすぎる!

惜しいことをした!えるは一生の不覚!!



ひろさん、案内してくれてありがとうございました。

おかげで本当に楽しい1日でした。

めいっぱい振り回してしまいました。

初めて会ったはずなのにそんな気が全くせず気兼ねなく遊べましたわw

また機会があればよろしくお願いします!
こうして二人の台風のような一日は静かに幕をおろしました。


いやいやいや。なんか読み返すと色々あったなぁ~って感じです。 劇についてですが、ほんと面白かったです。 劇といえば友人の妹を見に宝塚に行きましたが、また違う分野ですね。 そういえば仕事の関係で早ければ5月に岡山に帰る可能性が出てきました。 なんか仕事もめまぐるしくなってきています。 岡山にの持ち帰りの仕事だけど、上司と先輩と俺の肩にかかってるんだよなぁ・・・。 なんだか近々自分の環境が激変しそうで怖いですw とにかくがんばります☆

| | Comments (4) | TrackBack (2)

«ひろとえるはの事情(前編)